読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogot - 旅とF1と車と男の嗜み

旅とF1と車と男の嗜みをテーマとした後藤康成のブログ。

Feedpath Face 2 Face Conference 開催

コラム テクノロジー ネットビジネス

Update: Feedpath face to face Round Table Vol. 1の開催を告知しました。(2009.12.16)

Update: カンファレンス名は「Feedpath face to face Round Table」に決定しました。(2009.12.3)

Update: デロイト トーマツの八子知礼氏の参加がに決定しました。(2009.12.10)

カンファレンスのプレ・アナウンスです。

2009 - 2010年のインターネットトレンドは3年前にWeb2.0ムーブメントを経て、IaaS, PaaS. SaaSなどのクラウドから提供されるサービスにシフトしてきています。さらにインターネットデバイスに目を向けるとPCからネットブックに、ケイタイからスマートフォンへと大きなイノベーションが起ころうとしています。このような中でフィードパスは2007年のSaaS黎明期からマーケットに参入してきました。今後もクラウドからビジネスパーソンにビジネスアプリケーションを提供していきます。

クラウド市場は今後成長する市場であり、日本においても多くのベンチャーやSIerが市場参入してきています。さらにiPhoneはアプリは10万を超えており日々増加しており、ビジネスパーソン向けのiPhoneアプリも増加しています。

このような背景から、フィードパスでは、僕のネットワークからキーパーソンをスピーカーとしてお招きする。カンファレンスであるFeedpath Face 2 Face Conference(F3C)の開催を計画しています。Feedpath Face 2 Face Conferenceは、カジュアルなスタイルのカンファレンスで20名から30名にという少数の参加者で、参加者も積極的に議論できる場を提供しようと考えています。

開催はiPhoneをテーマとした「Feedpath Face 2 Face Conference - iPhone Meeting (仮称)」、クラウドをテーマとした「Feedpath Face 2 Face Conference - Cloud Meeting (仮称)」と個別に開催する計画です。

第一弾の「Feedpath Face 2 Face Conference Cloud Meeting (仮称)」のキーパーソンには、11月にパブリック・クラウド”OpSource Cloud"を開始したビープラッツ CTOの宮崎琢磨氏など、「Feedpath Face 2 Face Conference iPhone Meeting 」のキーパーソンはアルファブロガーの橋本大也氏(Twitter:@daiya)と、iPhoneエバンジェリストの中山五輪男氏(Twitter:@iwaonakayama)をお招きする予定です。僕(Twitter:@got)はMCを担当します。

12月中旬には詳細をアナウンスし参加者を募集する予定です。