読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogot - 旅とF1と車と男の嗜み

旅とF1と車と男の嗜みをテーマとした後藤康成のブログ。

グループウェアからfeedpath Calendarに乗り換える6つのメリット - あなたの会社はまだパッケージですか?

コラム ネットビジネス

今年に入ってから、多くのビジネスパーソンにfeedpath Calendarを知っていただきたく、IT関連メディアである誠Biz.IDやZDNetなどfeedpath Calendarを積極的に紹介した事でPRサイトへのトラフィックも右肩上がりで伸びています。

さらに、先日ZDNet Japanで連載のブログ「クラウディア」に「クラウドアプリケーションを利用する5つのメリット - あなたの会社はまだパッケージですか?」をエントリーしたところ多くの反響とtwitterでのReTweetをいただきました。

このブログでは、クラウドアプリケーションの中でも「feedpath Calendar」に乗り換える6つのメリットを紹介します。

feedpath Calendarに乗り換える5つのメリット

1.とにかく安い。商用クラウドアプリケーションとしては破格の1アカウントあたり100円(春の乗り換えキャンペーンを利用すれば)

2. 申し込み後すぐに利用できる。パッケージアプリケーションではないので、サーバーの準備が不要。SaaSを利用する大きなメリットである。

3. 契約期間が、半年、1年と選択でき、予算が定額である。春の乗り換えキャンペーンを利用すれば、50アカウント半年で33,000円

4. 携帯3キャリア、iPhone、Androidでアクセスできる。オプション料金不要。

5. 軽いとにかくサクサク動作する。iPhoneでも3Gでサクサク動作する。カレンダー機能に特化し、他のグループウェア機能は排除している事によりデータベース構造がシンプル。

6. メンテナンスコストが不要。パッケージアプリケーションではないので、アップグレードなどの作業は一切不要である。feedpathがすべて担当します。 

ちなみにfeedpath CalendarはのシステムはLAMPを採用しており、標準的なスペックのサーバーで蘊奥しているが、このペースでも1サーバー100,000アカウントは余裕でいけそうである。

この機会に是非春の「春の乗り換えキャンペーン中」にfeedpath Calendarをトライアルしてください。

feedpath Calendar春の乗り換えキャンペーン