Blogot - 旅とF1と車と男の嗜み

旅とF1と車と男の嗜みをテーマとした後藤康成のブログ。

2018年を振り返る

2006年からの恒例の今年を一文字で振り返ります。


世の中的には様々な災いがあったことから「災」のようですが、今年を表す僕の一文字は「縁」です。

f:id:blogot:20181230145132p:plain

今年の僕の時間の多くはインシュアテックスタートアップのiChainの立ち上げに費やしました。これまで「中小企業向けSaaS」,「インドのモバイルポータル」、「通信キャリア」そして「東南アジアの人材紹介」など、常に新しいインダストリーのスタートアップにチャレンジして来ました。今回のチャレンジは「保険業界」でした。

保険業界と聞くと既得権益の塊のようなイメージを想像しがちですが、多くの保険会社の方々と接する中で感じたのは決してそうではなく、スタートアップとの協業を望んでいる保険会社も多かったのは事実です。

今年1年、様々な保険関連イベントに積極的に参加しました。また、プレスリリースなどiChainのアクティビティーを積極的に発信することで多くの保険会社の方や保険業界の方からコンタクトをいただきお会いさせていただきました。そして採用では100名を超える方と面談させていただきました。

その結果1000枚を超える業界の方と名刺交換をさせていただきました。採用では、5名の方をiChainにお迎えしました。そして着実に事業は成長しており、正に多くの方々との「縁」が成長を支えていただいたと言って良いでしょう。

2019年は更に成長が期待されており、期待上の成果を求めてゼロイチを進めていきます。来年もよろしくおねがいします。

 

■これまでの一文字
2015年「折」
2013年「起」
2012年「印」
2011年「整」
2010年「進」
2009年「改」
2008年「淘」
2007年「変」
2006年「激」
(2014年、2016年、2017年はエントリーをサボりました)

2018 - 2019ブロックチェーン・トレンドセミナー開催

2019年1月29日パソナとのブロックチェーンビジネスセミナーに登壇します。

仮想通貨を支える中核技術である「ブロックチェーン」は、金融業界を中心に、流通や貿易、不動産、知的財産管理、ゲーム、広告、マーケティング、シェアリングエコノミー、選挙など、さまざまな業界やビジネス領域で大きな注目を集めており、ビジネスや社会の仕組みを大きく変えようとしています。ですが、技術的要素が多く、変化のスピードが速いブロックチェーンについて、まだまだキャッチアップが追いつかない・難しいと感じる方も多いのではないでしょうか。

ブロックチェーンを活用するビジネスに携わる方、これから取り組む方、幅広い業界・階層・職種の方に対してブロックチェーンのビジネスへの活用法やメリット・デメリット、押さえるべきビジネススキル、最新技術やトレンドなどを熱く、かつ理解しやすい言葉で解説します。 

f:id:blogot:20181224103545j:plain

「ブロックチェーンのビジネスへの適用」
(テーマ)ビジネス設計、保険、インシュアテック
日程:2019年1月29日(火)19:00~21:00
場所:Travel Hub MIX 東京都千代田区大手町2-6-2 1階

テーマ
・実業務でブロックチェーンが使用されている事例の紹介
・保険業界、特にインシュアテックの取組のなかでブロックチェーンが果たす役割
・ブロックチェーンを活用したビジネスを設計するにあたっての検討しなければいけない留意事項

こんな方にオススメ!
・経営や企画、法務・経理・コンサルティングなどのビジネススペシャリストの方
・ビジネス視点からブロックチェーンを学びたいエンジニア・クリエイターの方
・ブロックチェーンならではのリスクや、ブロックチェーンが得意なことを学びたい方
・フィンテックやインシュアテックなどをふくめ、様々なブロックチェーンの活用事例を知りたい方
・新規事業開発や自社ビジネスに導入するための基礎知識・ノウハウを知りたい方
・お仕事でブロックチェーンに関する知識を活かしたい、今後ブロックチェーンにかかわる仕事・企業で活躍したい方

参加申し込みはこちらです。是非参加ください!

 

iBeedからiChainへ

インシュアテック(InsurTech)のスタートアップである iBeed 株式会社は、iChain 株式会社に商号変更いたしました。同時にコーポレート ロゴを変更しました。

■新社名
和文社名 iChain 株式会社(あいちぇーん かぶしきがいしゃ)
英文社名 iChain, Inc.

■新コーポレートブランドについて
保険×IT であるインシュアテック市場は今年に入り大きな注目を集めており、今後急激

な成⻑が期待できる市場です。このような成⻑市場の中で当社のサービスを利用していただくコンシューマーおよび保険 事業者に対して「人と人を技術でつなげる」というコーポレート・メッセージを明確にするとともに、ブ ロックチェーンのイメージを「Chain(チェーン)」というキーワードに込めています。

新ロゴは、チェーンの繋がりによる新しい価値の創造を意図しており、我々のソリューションを通じて、 テクノロジーによる革新を、身近にしていくという思いを体現しております。

シンプルなサンセリフ体のフォントをベースにキーカラーに濃い紫を使い高貴な印象にすることで、保険 関連ビジネスとして信頼感につながるデザインに仕上げています。

f:id:blogot:20180528180241p:plain

iChainをよろしくおねがいします。

InsurTechスタートアップiBeed

f:id:blogot:20180220143912p:plain

この1月からInsurTech/インシュアテック(保険テック)とブロックチェーン技術のスタートアップであるiBeed株式会社にジョインしました。

iBeedは、InsurTech(インシュアテック)に関するソフトウェア・サービスの開発・販売・サポート、およびコンサルティング事業および、ブロックチェーン(分散台帳技術)に関するソフトウェア・サービスの開発・販売・サポート、およびコンサルティング事業を展開しています。

COOというポジションで日本のInsurTechのリーディングカンパニーになれるように精進していきます。

F1チームの平均年齢

F1のドライバーはRed BullのMaxを筆頭にめっちゃ若いレーシングドライバーがF1のフロントエンドをリードする傾向にありますが、バックエンドのチームCEO、エンジニアさらにはメカニックなどのピットクルーは結構みんな年齢重ねている(30-40代)傾向にあると思われます。

F1 2013 Abu Dhabi GP

恐らくファクトリースタッフも同様な傾向にあると思われるますが、F1のような先端技術はベースの技術・技能を一朝一夕にマスターできるスキルではないんですね。一方ドライバーが主役としてみるモータースポーツとしてのF1はやっぱり低年齢化にあるんですね。

チームの平均年齢は35歳くらいだと思います。きっと。