読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogot

旅人でありF1ギークの後藤康成のブログです。

雨の日には車をみがいて - たそがれ色のシムカ

コラム

「雨の日には車をみがいて」は全体の編を通して「素敵な女性と車との出逢いと別れ」がテーマになっています。最初の編は「たそがれ色のシムカ」です。この編に登場する歌手の卵の「火見瑤子」が発した一言がこの本のタイトルを決定的にしていると共に短編集全体の方向性をも決定づけています。

SIMCA 1000
This file was published in Hans Stedehouder's Garage de l'Est website. All photos placed on that site are licensed under CC-BY-SA 3.0 (unported)

この「シムカ」(SIMCA)という自動車メーカーは日本人にはあまり馴染みがないかもしれませんね。 SIMCAは1934年にフランスに設立されました。その後1963年がクライスラーがヨーロッパ進出のために買収。そして1978年にはシムカブランドはタルボに置き換えられたことで終了しました。したがって現在では製造されていない自動車です。ちなみにSIMCAとは「自動車車両車体工業会社」(Société Industrielle de Mécanique et Carrosserie Automobile )の略だそうです。

物語に登場するモデルはシムカ1000で1961年から1978年まで生産されました。

年式不明のおんぼろのシムカ1000だったというのは、今から考えるとなんとなく滑稽な気がしないでもない。だがそれは年式不明の中古車とはいえ、一応れっきとした欧州車である。

物語では1962年以後に製造された年式不明とのこと。時代背景が1966年なので、1962年から1964年ごろに生産されたシムカ1000ということになります。写真で見て分かる通り、そのフォルムはスタンダードな4ドアセダン(ちょっと初代サニーに似ていますね)。パワーユニットは直列4気筒OHV944cc・50馬力のリアエンジン・リアドライブで4速マニュアルシフトです。 乗り心地はというと、物語では以下のように綴られています。

「案外なかは広いのね」
と乗りこむと瑤子は言った。
「でも、なんだかドアが完全にしまらないみたいよ」
「大丈夫。そのルーズさがドイツ車とちがうフランス社の魅力のひとつでね」
「へぇ、かなりいいこと言うじゃないの」

まぁ欧州車というとドイツ車がのような頑丈な作りの車体をイメージしますが、このシムカはかなり軽量な作りでコストダウンを図っているようでした。実際Wikipediaにも以下のように掲載されています。

フランスの自動車メーカーの特徴として、たとえ大衆向け普及車であっても非常に個性の強い自動車を作っている傾向があるが、シムカの場合には普遍的で保守的な設計に徹しており、コストを低く保っていた。精神的な支柱となった人物像もなく、レース活動も無縁と地味な印象に終始した。

現在のフランス車ですが、2014年のフランス旅行の際にロワールの古城巡りに最新型のプジョー308ディーゼルをレンタカーで利用しました。このジャーニーではその後BMW X1とオペル・アストラもレンタルしたのですが、それらより断然乗りやすく快適だったことを覚えています。

さて、物語ですがシムカのコンサバティブさとは相反し、瑤子を中心とするアグレッシブなストーリーでエンディングを迎えます。そうです、冒頭に記載した通りこの小説のテーマは「素敵な女性と車との出逢いと別れ」ですので。。

雨の日には車をみがいて - 僕の愛した9台の車と9人の女たち

コラム

昨年の「火花」の影響もあってか小説が人気のようですね。僕も若いころは純文学、大衆文学構わずにノンジャンルで読んでいました。僕の中では小説と呼ばれる文学は短編長編問わずに大きく分けて2つにカテゴライズされています。

1つ目は「巧妙でダイナミックなストーリーと主人公のパワーで一気に(徹夜してでも)最後まで読ませられ、読んだ後に残る強い感動。しかしその後読み返しはほとんどせず本棚に眠る小説。」この手の小説を一発パワー型と呼んでいます。

もう一方は「とても個性的な主人公のキャラと意外性のあるストーリーでリズムよく読み楽しんで読み終えた後の数ヶ月後のある日突然読み返したくなる衝動に囚われ読み返し、その後も定期的に読み返す小説。」これを読み返し型と呼んできます。

この読み返し型小説の中で30年近く首位の座を保っているが五木寛之さんの「雨の日には車をみがいて」です。この小説はなんと、今から28年も遡る1988年に村上龍のトーク番組「Ryu's Bar 気ままにいい夜」にゲスト出演した五木寛之さんが番組中に直接紹介したことから、書店に足を運びこの本を手にとったのを覚えています。今ではKindleの中に入っており不定期に読み返している短編小説の一冊です。

当時の単行本の帯に書かれたキャッチコピーは「僕の愛した9台の車と9人の女たち」。

それらはシムカ1000、アルファ・ロメオ・ジュリエッタ・スパイダー、ボルボ122S、BMW2000CS、シトローエン2CV、ジャグワーXJ6、メルツェデス・ベンツ300SEL6.3、ポルシェ911S、そしてサーブ96S。9台の欧州車が9人の女性と共に、一つの編の中で魅力的に描かれています。

これら欧州車はそれぞれのメーカーは知っているものの、当時はネットが無かったこともあり、年代を含めたモデルを実際に目にすることは殆どありませんでした。今やネットで検索すると一発で見れちゃうので、僕はPinterestのボードに集めています。次回のエントリーからこれら9台のフォルムとマシンの魅力について触れていきます。最初はシムカ1000です。

SIMCA1000
画像:www.librairie-docauto.comより

御堂筋を封鎖したフェラーリのエグゾーストノート

Formula 1 コラム

昨年11月29日に大阪の御堂筋を封鎖して開催されたフェラーリF2003-GAの映像がAuto Sports Webに「御堂筋オータムパーティーの舞台裏」と題してアップされました。実はこのイベント観戦する予定でしたが、残念ながら他のイベントとダブルブッキングしたので観戦できなかったので今回映像が見れてよかったです。

このフェラーリF2003-GAは、2003年のF1でミハエル・シューマッハーとルーベンス・バリチェロがシートに座りました。シューマッハーが5勝を挙げて6度目のドライバーズタイトルを決めたスーパーマシンです。今回このF2003-GAのステアリングを握ったのは、地元大阪で1997,8シーズンF1ドライバーだった中野信治でしたね。個人的には神戸出身の小林可夢偉じゃなくてちょいと残念です。

久々に聞いたV10 3000cc自然吸気エンジンのエグゾーストノートは今のパワーユニットのそれに比べるとものすごく刺激的です。この映像は是非イヤホンをして音量を上げてお楽しみください。

007ダニエル・クレイグとアストンマーチンDB5

コラム

12月からAmazon Fire TV Stickをオーダーし、Amazonビデオ上でNetflixも見れるのでNetflixとAmazon両方のコンテンツを楽しんでいます。

この週末007 シリーズのダニエル・クレイグがボンド役である3作をガッツリ見ました。時間を遡って「スカイフォール」から見たのですが、2006年の「カジノ・ロワイヤル」でのダニエル・クレイグはめちゃ若い。

いずれもロードショウで見た記憶があるのですが、殆ど忘れていました。感想はシナリオの「スカイフォール」。映像美の「カジノロワイヤル」。さくっと楽しめる「慰めの報酬」(007シリーズ最短時間で1時間半)といったところです。もっとも印象深かったのは「スカイフォール」、「カジノ・ロワイヤル」で登場するボンドカーのアストンマーチン DB5は何度見てもカッコイィなぁ。

007 スカイフォール 予告編

007 慰めの報酬 予告編

007 カジノロワイヤル 予告編

アストンマーチン DB5

2016年の4つのテーマ

コラム

あっという間に、1月末日になってしまったけど、今年一年仕事以外で、何に時間を費やすかを考えてきました。

1. 月に5本以上映画を見る

タブンこれは簡単にできそう。ロードショウ, NetFlix, Amazonビデオで

2. 月に1冊以上本(できれば小説)を読む

これが難しそう昨年はKindle含めて10冊程度しか読んでいない気がします。。

3. 体を柔らかくするために柔軟体操を毎日する。ヨーガをする。

致命的に体が固いです。座敷で食事できません。このままではまずいと思っていた矢先、29日の片岡鶴太郎さんのアナザースカイを見て感化されました。まずはインド式ヨガやります。

4. ざっくり半年で10キロの減量をする(月2キロ弱のペースで)

これも鶴太郎さんの影響。凄く締まった体していた。一応、 昨年上半期がピークで下半期に5キロ〜6キロ体重を落としましたが、ベストになるにはさらに10キロ落します。体組成計を部屋において、毎朝測定しています。糖質制限ダイエットがベースで、ストレスのかからない範囲で糖質量を抑えた食事を心がけています。

ということで、がんばろう!

PS.

できれば秋にはパリに行きたいな。。