読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogot - 旅とF1と車と男の嗜み

旅とF1と車と男の嗜みをテーマとした後藤康成のブログ。

feeedpath Roomsの事業開発裏話

本日新サービスfeedpath Roomsをリリースしました。feedpath Roomsは「メールに代わるプロジェクトコミュニケーション」というキャッチフレーズの企業間コラボレーションツールです。メッセージング機能と共有ストレージ機能を提供します。(プレスリリース

リリースにあたっての裏話をTwitterにTweetしていたら結構な文字数となったので、ブログにまとめておきます。

@@@

feedpath Roomsの "「メールに代わる」メッセージング&共有ストレージサービス" このキャッチコピー「メールに変わる」か「メールに代わる」か悩んだのだけれど、まずは「メールに代わる」から。そして「メールに変わる」になってくれれば。ということで「代わる」にしました。

feedpath Roomsはグループウェアではありません。個人向け共有ストレージでもありません。企業間コミュニケーションを想定した設計をしています。5ユーザーのスタートアッププランからご利用ください。 http://groupware.feedpath.co.jp/rooms/

企業間コミュニケーションに本当に必要なプリミティブな機能を考えた末に、たどり着いたのは、メッセージング&共有ストレージというシンプルな機能でした。カレンダーはあくまでもオプションでした。なのでfeedpath Roomsにはカレンダー機能は実装していません。

現在のクラウドアプリケーションのプライスレンジは1アカウント月額500円±200円であると判断しました。feedpath Roomsは1アカウント月額100円〜200円という競争力のある価格でも十分利益の出るシステムアーキテクチャーとビジネススキームを実現しています。

ありがとうございます。想定しているクライアントは正にその通りです。 RT @bmp @got アウトソーシングやSOHOで制作をを沢山抱える大手広告代理店等に重宝されそうですね。お疲れ様でした!

feedpath Roomsの共有ストレージの容量は20GBです。このご時世100GBは当たり前という意見もあります。グループウェアや個人利用のアーカイブであればご尤もな意見ですが、企業間プロジェクトと利用ターゲットを定めて利用するには20GBで十分であるという結論に達しました。

feedpath Roomsのローンチにあたり、敢えてプレスカンファレンスは行わずに個別にメディアキャラバンを行う事にし、メディア毎にデモンストレーションを行いました。メディアの編集者の方々は開口一番、ライターさんとのコミュニケーションにピッタリだという意見を頂いています。

Specific functions are generic one RT @tsuka Less is more! RT @got: 企業間コミュニケーションに本当に必要なプリミティブな機能を考えた末に、たどり着いたのはメッセージング&共有ストレージというシンプルな機能でした。

feedpath Roomsはグループウェアの多くの機能を否定するのではなく、グループウェアの多くの機能をリスペクトしたが故に、プリミティブなメッセージング&共有ストレージ機能にたどり着きました。

@@@

#最後のTweetは小林秀雄の名作である「様々なる意匠」の結びのパクリです。