読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogot - 旅とF1と車と男の嗜み

旅とF1と車と男の嗜みをテーマとした後藤康成のブログ。

SaaS World終わる

SaaS World が3月28日、29日の2日間東京コンファレンスセンター・品川にて開催された。フィードパス社を始めとしてセールスフォースドットコム、オラクル、マイクロソフトなどがスポンサーとなり、カンファレンス中心にSaaSの現在と近未来について各社から発表された。

SaaSというキーワードは昨年ごろから本格的に使われ出してきたものの、ASPとの違いがいまいちわからないことに加えて、実際のソフトウエアデリバリーをしているベンダーが少なく盛り上がりに欠けていたが、今年に入り徐々にデリバリーされてきているようだ。

フィードパス社もfeedpath Zebraを2月にSaaSサービスとして発表し本格的にSaaS市場に参入した。29日には"ワークスタイルに革命を巻き起こす次世代型アプリケーション「feedpathZebra」の全貌"と題してfeedpath Zebraのデモンストレーションを交えたSaaSサービスの全貌をプレゼンした。

フィードパス社のSaaSに対する考え方について、Think ITに僕のプレゼン内容が詳細に掲載されていることからそちらを参照していただきたい。以下に一部を引用する。

後藤氏は「今後feedpathZebraを中心にSaaS分野に参画していきます。ユーザは必要なものを必要なだけ、例えば電気やガス、水道のようにソフトウェアをサービスで利用できるようになるでしょう。さらにサーバの準備や運用管理リソースが不要で、万全なネットワーク/物理セキュリティを備えています。銀行にお金を預けるのと同じく、大切なデータは専門家に預ける時代が来るでしょう。ビジネス活動の基点であるメール画面ですべての作業を完結し、ワークスタイル革命を起こしていきます」とサービスのメリットと今後の抱負について語った。
feedpath tags: ,   generated by feedpath