読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogot - 旅とF1と車と男の嗜み

旅とF1と車と男の嗜みをテーマとした後藤康成のブログ。

IPhoneをSIP Phoneとして利用する

コラム

フィードパスではオフィス移転を機に、コスト削減のためにオフィスの電話をIP電話に刷新した。利用しているプロバイダーはアジルネットワークスのアジルフォン・ビズである。(なお、アジルフォンが採用しているIP-PBXはAsterisk)つまり、PBXの工事も不要で、電話機からLANケーブルでネットに接続することで電話として機能する。(音質も悪くない)。

とはいえ、僕宛の電話は週に数回受信する程度なので(外部とのコミュニケーションは基本メールかIMなので)専用の電話機を必要としない。当面はMacBookにSIPソフトウェアのX-Liteをインストールしイヤホンを接続し、電話機の変わりとしていたが、思ったよりも勝手が悪い。

そこで、iPhoneにSIP端末アプリである VNET-CorpのSipPhone on iPhone(800円)をインストールした。インストール後、接続設定を行うとあっとうまにWi-Fi経由でのSIP端末となったのである(あまりにも簡単すぎてビックリした)。もちろん内線の転送通話も可能であり、オフィス電話として普通に機能する。アプリは常に起動しておく必要があるが、外線もSIP Phoneとして発信・受信共に可能だ。