読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogot - 旅とF1と車と男の嗜み

旅とF1と車と男の嗜みをテーマとした後藤康成のブログ。

coComment日本語版ベールを脱ぐ

インターネット
ネットエイジは今年はサービスローンチのラッシュだ。Saaf, TAGGY, Tilaと続いてネットエイジのWeb2.0的サービスの第4弾であるcoComment日本語版を本日リリースした。

coCommentはSwisscomのベンチャー部門が運営するブログコメント管理サービスである。あのTechCrunchGoWeb2.0.netでも取り上げられているメジャーサービスである。ネットエイジはSwisscomと提携し日本市場のサービスを運営する。

実は僕が、ネットエイジにてこのcoCommentの日本展開のローカライズおよびビジネスプロデュースを担当した。SwisscomのビジネスプロデューサであるMarcoと、CTOのChristopheは大の親日家であり、彼らの情熱的な協力により、2ヶ月でローカライズを行った。ありがとう。

coCommentは、ブログなどCGMメディア対してユーザーがコメントを投稿するプロセスを簡単にする無料サービスでである。ブログ上のコメントによるディスカッションをトラッキングする。

ブロガーの殆どは以下のようなコメントのトラッキングに悩んでいるだろう。
  • 自分がコメントを投稿したサイトのURLを忘れてしまって、コメントを追跡できなくなった。
  • 自分のコメントにレスが付いたときに知らせてくれたらいいなと思う。
  • 自分のコメントに何かレスが付いていないかと、何度も何度もページを更新するのは面倒だ

そうした願いがすべて、1ページにまとまって簡単に見られたら、非常に便利である。coCommentはこのようなブロガーの願いをかなえるサービスである。



対応サービスは、Saaf, flickr, digg、ブログツールではMovableType, TypePadはもとより、Yahoo!ブログ、livedoorブログ、gooブログエキサイトブログはてなダイアリーココログ楽天広場Bloggerなど日本の殆どのサービスに対応している。

また、FireFox拡張機能を利用することにより簡単にコメントが管理できる。さらには、自分のブログにコメントボックスを表示することが出来るので、コメント投稿の状況が簡単に確認できるのである。

coComment日本語版を是非利用してください。

feedpath tags: ,   generated by feedpath