読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Blogot - 旅とF1と車と男の嗜み

旅とF1と車と男の嗜みをテーマとした後藤康成のブログ。

2010年モバイルインターネットとiPhoneの8つのテーマ

コラム

今年(2009年)10月に米国で開催された、Web 2.0 SummitでMorgan Stanleyが発表したEconomy + Internet Trendには非常に興味深いデータが満載である。この68ページにもおよぶプレゼンテーションファイルには、グローバル経済、米国のIPOマーケット、テクノロジーのトレンドとIT業界、さらにはモバイル市場についても言及されている。

特に注目したいのはモバイル市場である。ここでのモバイル市場にはiPhoneが代表するスマートフォンも当然含めれている。

モバイルインターネットの8つのテーマ(8 Key Mobile Internet Themes)

1)Mobile Internet Usage Is and Will Be Bigger than Most Think.
2)Apple Mobile Share Should Surprise on Upside Near-Term.
3)Next Generation Platforms (Social Networking + Mobile) Driving Unprecedented Change in Communications + Commerce.
4)Mobile in Japan + Desktop Internet Provide Roadmaps for Mobile Growth + Monetization.
5)3G Adoption / Trends Vary By Geography.
6)Carriers in USA / W. Europe Face Surging Network Demand But Uncertain Economics.
7)Regulators Can Help Advance / Slow Mobile Internet Evolution.
8)Mobile-Related Share Shifts Will Create / Destroy Material Shareholder Wealth.


また、iPhone+IPodTouch利用者数の増加傾向にも注目しており、Netscape, i-mode, AOLの利用者数との対比においてローンチから27ヶ月(Q9)の時点で、AOLは700万ユーザー、Netscapeは1100万ユーザー、i-modeは2500万ユーザー、iPhone+IPodTouchは群を抜いて5700万ユーザーという数字となっている。実際インターネットの市場環境も時代と共に進化しており、Netscape/AOLなどはインターネット黎明期でのサービスローンチであったことを考慮してもiPhone+IPodTouchは群を抜いており、さらに成長を続けるであろう。

i-modeがそうであったように、当然ながらiPhone+IPodTouchデバイスの普及と共にコンテンツ市場(アプリ市場)も成長が見込まれる。そして2010年iPhoneアプリのマーケットはビジネス市場へ確実にシフトしていくと考えられる。

僕らフィードパスもSMB向けにサービスを展開していることから、2010年はiPhoneを中心とするスマートフォン向けアプリへの対応を行っていく予定だ。